子ども達を水の事故から守る「危険箇所マップ」

山口県下関市内日地区。周囲が山で囲まれた盆地で、農業用の「ため池」が点在しています。この様な事から内日地区まちづくり協議会が小学校のPTAと協力し、地域の「ため池」や「河川」の危険箇所に注意喚起の立て札を設置。
また、これらの位置情報をまとめた「危険箇所マップ」を作成しました。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!