成長にあわせた9年間の防災授業

三鷹市の一般社団法人みたかSCサポートネットは「学校を核とした地域づくり」のサポートを行っていて、小中学校9年間で段階的に難易度をあげていく防災授業を行っています。東日本大震災で子どもたちが混乱してしまったことをきっかけに防災授業に取り組みました。

子どもたちは、小学校低学年では、家庭の備えや災害時のアクションなどの「自助」を学び、中学年では学校や地域の防災施設をフィールドワークし「共助・公助」を知り、高学年になると市の職員や消防士などから話を聞き専門知識を身に付け、グループワークで学びを深めます。

そして中学生になると、集大成として、避難所となる学校の役割を学び、避難所の運営を体験します。中学を卒業する頃には、災害時に自分で考えて行動できるようになっていることを目指しています。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!