慌てない工夫 まちなか防災マップ

埼玉県久喜市の鷲宮第24区自主防災会が実施している、災害時に慌てないための工夫。
それは…「避難所の位置」 「AED」 「消火器」 など、非常時に必要な情報をまとめたマップを町域全ての「ごみ集積所」に掲示していること!

「(埼玉県の辺りは)災害が少ない場所だから、防災知識は忘れられがち。
だから、住民が毎日見る場所に掲示しています」 と語る、鷲宮第24区自主防災会の宮元本部長。
「万が一のときに必要な知識を、あらかじめまちなかに置いておく」 という発想に、「備え」の本質を垣間見ることができます。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!